NEW 新着 吃音・どもり改善・治療

  

あがり症・どもり癖を改善する!【トップMBA式あがり症・吃音改善プログラム】公式サイト
あがり症・どもり癖を改善する!【トップMBA式あがり症・吃音改善プログラム】公式サイト
◎発売日:2013/09/13

お子様の吃音を改善するプログラム 井坂京子
自宅でコッソリと1日9分の簡単な吃音改善トレーニングを行い、わずか35日で克服

大人の吃音改善プログラム 井坂京子
自宅でコッソリと1日9分の簡単な吃音改善トレーニングを行い、わずか35日で克服


吃音・どもり改善・治療事典「吃音を改善するプログラム 井坂京子」

吃音を改善するプログラム 井坂京子

本吃音・どもり改善・治療(大人)
◎吃音・どもりは、心と身体に強い影響を与える病気
★カウンセリングを受けて、心だけ元気になっても吃音は治らない
★吃音は、心と身体の病気なので、心だけ元気になっても身体が「吃音」を引っ張り寄せてしまう

◎吃音は身体的病気だけではなく、心と身体が大きく作用した病気
◎吃音(どもり)は外からは見えない病気なので、パッと見分かりにくい
◎吃音は、治す方法がない難病ではなく、誰でもかかる可能性があり、簡単に改善が出来る病気

◎100人に一人は吃音・どもりである
★自覚症状が無いだけで、自分がどもりだと気付いていない人も沢山いる

◎年齢を重ねた吃音は、自分の意思とは関係なく身体に「癖」として残っている

◎大人の吃音の場合、長年吃音という症状が続き、
身体に「癖」のような形で吃音の症状を無意識に覚えてしまっている人がほとんど
★身体を使ったトレーニングと自分に自信をもち、プラス思考になる為の心のトレーニングが必要

◎多い病気なのに、特効薬がないのが「吃音・どもり」と言う病気
◎吃音で悩んでいる方のほとんどが誰にもどもりの事を相談していないので治るものも治らない
◎吃音専門の病院がない

◎吃音研究している機関も限られている
★相談だけでもかなりの待ちだったり、カウンセリングだけでも高額なお金を取られる

◎身体のトレーニングだけではなく、心のトレーニングも必要

本吃音・どもり改善・治療(子供)
◎子供の吃音・どもりの場合「自分が吃音だと気付いている場合・気が付いていない場合」の2種類あり、
「伝えて治療をした方がいいのか・伝えないで治療が出来るのか」考えなくてはいけない事がある
◎吃音・どもりで病院に行った場合、耳鼻咽喉科・精神科・心療内科が当てはまるが、
どの科でも「吃音」について助言やサポートをしてくれる訳ではない
◎吃音になる子供は親や大人の顔を読める・空気を読める子も多く、特に敏感。
◎敏感だからこそ大人の会話が理解出来るようになり始め、
何か隠していたり、はぐらかしてもほとんどは分かってしまう
◎どうしたらよいのか分からないモノを吃音と言う症状で表している
◎産まれてまだ数年しかたっていない子供が言葉にも出来ないような不安を抱えている
◎親が笑顔になるだけで子供の吃音・どもりは軽減する

 

吃音を改善するプログラム 井坂京子
発行者:有限会社オーバルライズジャパン

吃音を改善するプログラム 井坂京子 詳細
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック