NEW 新着 吃音・どもり改善・治療

  

あがり症・どもり癖を改善する!【トップMBA式あがり症・吃音改善プログラム】公式サイト
あがり症・どもり癖を改善する!【トップMBA式あがり症・吃音改善プログラム】公式サイト
◎発売日:2013/09/13

お子様の吃音を改善するプログラム 井坂京子
自宅でコッソリと1日9分の簡単な吃音改善トレーニングを行い、わずか35日で克服

大人の吃音改善プログラム 井坂京子
自宅でコッソリと1日9分の簡単な吃音改善トレーニングを行い、わずか35日で克服


吃音・どもり改善・治療「どもりは手当てをしなければ治らない病気です」

吃音を改善するプログラム 井坂京子

吃音・どもりと言うのは、
自分の意思とは関係なく「言葉」を話す時に
繰り返してしまったり、
止まってしまったり、
声が出なくなってしまうのを、
吃音と呼びますが、
大人の吃音の場合、この症状が、
身体に癖として残ってしまっているので、
癖をとる為に心と身体のトレーニングを行います

ですが、お子さんの吃音(どもり)の場合は、
まだ決まった言葉が言い難いとか
決まっていなかったり、
たまに言えたり、言えなかったり。
症状が様々なお子さんがほとんどです。

だからこそ、「見守りましょう」と言われたりするんです。

吃音を改善するプログラム 井坂京子

貴方はお子さんが、
吃音(どもり)になってしまった「きっかけ」は思い出せますでしょうか?

「あれかも・・・?」と、心当たりありますか?
もし「わからない」「心当たりがない」
と言う事であれば、それが吃音の原因の場合がほとんどです

お子様の吃音から逃げてはいけません。
今、吃音と向き合い、辛い時期かと思います。
理解したくない部分かもしれません。

でも、吃音だと言う事は紛れもない事実で、
お子様がどうにも表しようの無い不安や
ストレスを吃音として表現している事は確かです

吃音の方、特にお子様は
同年代の子よりも空気が読める子が本当に多いです。
だからこそ会話途中の表情の変化だけでも、
「あぁ、私のことだ・・・」
気付いてしまうだけで吃音は酷くなります
表情、言葉尻、雰囲気、色々な事を気にします。

「吃音・どもり」という病気は、
良くなって、悪くなって、良くなって・・・と繰り返しながら一歩一歩進んでいきます。

「吃音・どもり」は、一過性の病気ではなく
何らかの手当てをしなければ治らない病気です


だからこそ、良くなったり悪くなった事に毎回一喜一憂をせず
常にニコニコプラス思考の子育てをしていただければと思います。
一緒に頑張りましょう!
(有限会社オーバルライズジャパンさんのメールより)



プレゼント2大特典プレゼント
1「1年間のメールサポート」
2「吃音改善プログラム 音声CD2枚」

 

吃音を改善するプログラム 井坂京子
発行者:有限会社オーバルライズジャパン

吃音を改善するプログラム 井坂京子 詳細
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック